初心者の英語勉強法

英会話の初心者でも確実に話せるようになる勉強法とは?

誰でも一度は英会話を学んでみたいと思ったことがあるでしょう。

英語が話せるようになれば日本人だけではなく、外国人の方とも会話を楽しめるようになります。

また海外旅行に行った時にガイドさんがいなくても現地の人と直接会話ができるなど、今よりももっと楽しい充実した生活が送れるでしょう。

英語が話せるだけで世界も広がりますし、就職やビジネスにも役立ちます。

なかには海外の素敵なボーイフレンドやガールフレンドをゲットできる人もいるかもしれません。

でも英会話を学ぼうとする人に多いのが、途中で学ぶ意欲がなくなってしまい勉強をしなくなってしまったり、何から学べばいいのかわからなくなってしまったり・・・。

英会話の初心者さんが勉強するのにどんな勉強法を取り入れたらいいのか?英語の勉強方法やポイントについて説明します。

英会話は難しいとあきらめてしまっている人も必見です。

英会話初心者は「初級の壁」を越えよう

英語を含め外国語を勉強する時に多くの人が苦戦する壁があります。

初級の壁にぶつかるとそこから先に進めなくなってしまい、挫折してしまう人も多いよでしょう。

初心者の場合英語脳が出来ていないので、英語を聞き取ったり話すのも時間がかかってしまいがちです。

英語の内容を聞き取れる範囲も限られてしまいます。

例えば簡単な単語や身近な話題になると話ができるのに、少しでも難易度が上がったり複雑なテーマになるととたんに聞き取れなくなってしまう場合もあります。

初級の場合は頭の中で日本語から英語に翻訳する時間もかかるので、まずはこの壁を越えられるように勉強を頑張りましょう。

英会話初心者にオススメの勉強法は独学!

英語初心者になると、まずは英会話教室に通って英語を覚えようとする人が多いのではないでしょうか。

確かに英会話教室では教え馴れた教師とマンツーマンで勉強できるので、生の英語を覚えるにはいいかもしれません。

でも英会話初心者で、全く英語がわからない人の場合は、「独学」で勉強するのがオススメです。

英語を流暢に話すためには「単語力」「文法力」「リスニング」「スピーキング」「コミュニケーション」などの基本的なスキルは必ず必要になります。

しかしこれらのスキルがないのに、英会話教室に通って外国人と会話を楽しむのはあまりにもレベルが高すぎます。

話しかけられば話しかけられるほど、頭が真っ白になって緊張してしまうでしょう。

英語で知っている単語を必死につなぎながら会話をしたとしても、思うような言葉を相手に伝えることができず、歯がゆい思いをすることになります。

英会話教室にさえ、通っていれば英語が上達すると思っている人もいるのですが、実際のところ英会話教室に通っても初心者であればあるほど、続かなくなり挫折する結果になることが多いです。

英会話の勉強は「独学」で焦らず進めることが大切です。

英会話の基本を学ぶことから始めよう!

英会話の勉強法として、まずは「基礎」をしっかりと身に付けることから初めてみましょう。

おそらく多くの人が中学生の頃に英語を学び、しばらく英語を活かす場所もなく離れていたなんて人も多いのではないでしょうか。

英会話を上達させる上で英語の基礎は基本となるものです。特に「ボキャビル(語彙力)」を英会話を日常的に使う上でとても重要なポイントになります。

一般的には2500語前後のボキャブラリーがあれば日常会話ができると言われています。

それ以上の英会話になるとこの程度のボキャブラリーでは全く対応できなくなるのです。

まず2500語前後のボキャビルを作り、会話の幅を広げていけるようにしましょう。

同時に英会話を行う時に文章を作る時のルールを覚える必要があります。

まずは文字の構造を理解する為のテンプレート代わりになる「基本5文型」と、単語の働きを分類した「品詞」を覚えることから始めるのをオススメします。

最低限この基本を復習して英会話の基本を再度勉強するようにしましょう。

これを覚えてからが基本ラインとなりますので、ある程度覚えたら今度は次の段階に進んでいきましょう。

英会話初心者はリスニング力を身に付ける

英会話で重要となる英語を聞き取る力=リスニング力です。相手が話している内容が聞き取れなくては会話は成り立ちません。

日本人は中学生生後で読み書きを中心に学びますので、リスニングが苦手な人が多く、英語をいざ話そうとしてもなかなか実践できません。

日本特有のイントネーションが身についているので、実際にネイティブのイントネーションになると聞き取りにくく、簡単な文法であっても聞き取れなくなってしまいます。

英会話を成立させるには、まずは本当のリスニング力を鍛えて聞き取れるようになることが大切です。

リスニングがうまくできないのは理由があります。

  • 知らない英単語が多すぎて文脈の意味が理解できない
  • 英語の表記と読み方が一致しないなど発音を知らない
  • 英語の文脈によって発音が変化するのに対応できない
  • 日本語にない音は聞き取りにくく頭に入らない
  • 日本語に訳するのが追いつかず間に合わない
  • 知らない単語が出てきてしまうと止まってしまう

リスニング力をあげるのに英語教材を使って聞き流しをしていたり、難しい内容のオーディオを使っている人もいるかもしれません。

ただ聞き流すだけの勉強法では英会話初心者はなかなか上達することはありません。

また英単語の語彙力も上がっていないのに難し過ぎる内容を聞いていても雑音になってしまい、頭には入りません。

自分のレベルにあったリスニング教材を使わないと意味がないのです。

初心者がリスニング力を上げるのであれば、「精聴」をオススメします。

流れてくる英語の細部にまで集中して短めの英単語から聞き取れるように練習しましょう。

まずは1日5分でも継続することが大切です。

英会話初心者はスピーキング力を身に付ける

英語が聞き取れる程度にリスニング力が上がったら、今度はスピーキング力を付けるようにしましょう。

日本人が英語を苦手というのはアウトプットの少なさが原因だと言われています。

知識や文法を身に付けてもそれを聞き取れるように発音しなければ、英会話は成り立ちません。

スピーキングが苦手な人は相手が何を言っている意味がわからない、何を話からいいのかわからないなどの条件がクリアできず会話が成り立たないといいます。

スピーキング力を上げるポイントとして、英語圏のラジオを聞きリズムや語彙力を身に付けるのも一つの方法です。

本場の英語が聞き慣れればムリなくスピーキング力を上げることにもつながります。

また近頃流行りの「シャドーイング」もオススメで、聞こえてきた英語をすぐに繰り返し発音する方法です。

聞きながら真似をすることで自然とイントネーションが身に付きます。

あなたが好きな洋画を英語バージョンで見るのもオススメで、中身を覚えているので英語に集中できるのもがよいでしょう。

特に簡単なものはアニメやディズニーなどが取り組みやすいです。

スピーキング力を付ける上で一番オススメなのは外国人の友人を作ることです。

英会話を学ぶ上でモチベーションの維持にも繋がりますし、大切な人とコミュニケーションが取りたいと思えば、無理なく学べるようになります。

まとめ

いかがでしたか?英会話初心者の勉強法は基本からしっかりと学び、挫折しないように工夫して学びましょう。

「勉強は一日にしてならず」です。継続的に学ぶモチベーションを大事にしましょう。

だらだらと勉強してしまうと英会話が話せる前に勉強をやめてしまう人もいます。

あなたにあった英語のレベルでムリなく続けられるもの、また同じ目的を持った友達や仲間がいるといいですね。